前回のあらすじ - ソーン物語 第2章 スーパーチャージ作戦
インストールはこちらから...
top_border
top top top top top top
top_border
barleftbarleftbarleft
トレジャーハンターのラスティー
p1
アーウィン国の首都アークに、ラスティーというトレジャーハンターがいた。
元シーレン軍の兵士。戦技は抜群。抜群の美貌(自己評価)の女トレジャーハンターだ。

……と言えば良く聞こえるが。彼女の経営センスはゼロ!
彼女の会社「ラスティー商会」は、凄まじい赤字を抱えていた。

ある日、ラスティーに融資をしている総合商社「アルーシャ」は、借金回収に動き出した。
もし借金を返せなければ、強制労働の刑!!
しかし特別な依頼を受ければ、期限を一ヶ月伸ばすという。

それは、「真紅のカートリッジ」を回収するというものだった。

真紅のカートリッジをめぐる小競合い
p1
探索の末、どうにか手に入れた真紅のカートリッジ。
だが悪徳トレジャーハンター会社キリル会のボス、キリーウォーカーに盗難されてしまう。
しかもキリーは強力な山賊集団レッドクロウと裏で手を結んでいた。

盗難を阻止しようと、市街地で大乱闘したラスティーは、騒乱罪で警察に捕まってしまう。

こうして真紅のカートリッジは盗まれた。
魔獣使いのエーベルト
p1

シャロン達の力で釈放されたラスティーは、ただちにレッドクロウの根拠地を探索。
その最中、魔獣を操る老人エーベルトに出会う。
どうやらレッドクロウと協力関係にあるらしい。
さらには、商社アルーシャともただならぬ関係があるようだ。
彼の操る魔獣と戦う羽目になるが、ラスティーは勝利する。

やがて見つけたレッドクロウの根拠地で、今度はエーベルトの弟子コニーと出会う。
彼のけしかけた魔獣も倒し、ついでに山賊のボス、ガットンも捕らえる。
見事に真紅のカートリッジの奪還に成功した。

レッドクロウは、真紅のカートリッジをスターンランド王国に持ち込むつもりだった。
一連の陰謀は、国家規模のものになっていた。


ギュンターのスカウトと輸送作戦
p1

その頃、スターンランド王国の動きが怪しくなってきた。
どうやら戦争をもくろんでいるらしい。
ラスティーの腕前を良く知る男、シーレン軍のギュンター大佐は、ラスティーを傭兵に雇おうとスカウトしにきたのだった。

もし傭兵契約を結べば、ラスティーの借金全額を返済できる!!

しかし、まずは真紅のカートリッジを、フローレシア国にあるアルーシャ本社に輸送しなければならない。
途中、スターンランド王国からの追手に襲われる可能性が高い。
そこでシャロン達は一計を案じた。

メンバー全員が分離して行動し、それぞれ異なる街道を進む。
真紅のカートリッジはシャロン達が持つ。
ラスティーは、スターンランド王国に近いルートを進むことになった。

機動装甲兵とジェイナス中将
p1

山中を進むラスティーは、奇妙な集団と遭遇した。
正体はスターンランド第3軍の司令官、ジェイナス中将。
彼はすでに、ラスティー達の素性をある程度リサーチしていた。

彼の率いる異形の鎧、機動装甲兵に、ラスティーの攻撃はまったく通用しない。

ジェイナスは、ラスティーをスターンランド王国に迎えようと提案した。
強い手勢を一人でも増やしたいということだ。
もちろんラスティーは拒否。ジェイナスとの決戦が始まった。


敗走
p1

ジェイナスに止めをさしたはずのラスティー。
だがジェイナスは脅威の回復力を持つモーターアクトだった。
勝ったと思ったその時、心臓に剣の一突きを受けてしまう。

捕まりかけた瞬間、リュシィが救助に現れる。
重機銃の連射を放ち、ジェイナスがひるんだ隙に、ラスティーをかかえて川に飛び込んだ。

ラスティー達は、どうにか全員フローレシア国にたどりついたのだった。
真紅のカートリッジは守り抜いたものの、スターンランド王国の野望は止まらない。

さて、一応、ラスティーの借金返済期限は1週間延びた。
復活したラスティーには、まだまだ苦難の道が待っているのである。

footer tiststem
Copyright(C) 2011-2014 TIシステム All Rights Reserved